2010年01月02日

ようこそ、パンドラへ

元旦、映画の日に「アバター」を観てきました。
3Dではなく2Dでですが、けっこうお客さんが入ってました。
最後列のど真ん中は、角度としても良く見やすかったです。
3Dで見るとしたら、この客席の角度もかなり影響するのかも。
観終わった感想を短く言うとしたら、映画の面白さをストレートに感じることができ、2010年以降さらに映画が変わって行くことを予感させるような映画。
他のユーザレビューにあるような良くある話の焼き直しという感じは特に受けませんでした。
あっと驚くようなストーリーではないかもしれませんが、難しいことを考えずに、観客は主人公のジェイクを通してパンドラの世界に降り立ち、そこでの体験を経てナヴィの戦士となっていくのを楽しめば良い映画だと思います。
映画は難解な文化ではなく誰もが別世界に旅立てる娯楽なのですから。

パンドラの世界は想像以上に美しかったです。
ゲームの世界で見慣れているという人もいるかもしれません。
想像力は全く何も無いところからは生まれませんから、どこかしら今までに在るものと似た点があるでしょう。
でも、少なくとも自分じゃこんな世界は作れません。
「アバター」では観ていて違和感のない一つの世界を作り出していました。
良く作ったなぁと思って観た方が楽しめますね。

ところでタイトルにもなっている「アバター」ですが、ブログの発達とともに普通に使われるようになってはいますが、まだ、はっきりした意味は知らずなんとなくわかるって程度でしょうか。
私はセカンドライフをやっているせいか、非常に身近な言葉です。
セカンドライフでも自分の代わりをするものとしてアバターはとても重要です。
アバターを通して世界中の人とコンタクトをとるセカンドライフの世界に慣れると、映画の「アバター」でジェイクがどんどんナヴィの世界に馴染んで行くことにも違和感がありません。
映画の最初の方で、アバターの自由に走って動く肉体を得たときのジェイクの喜びも非常に共感を持てます。
これはセカンドライフをやっていなければ思わなかったことかもしれません。

今年はどんな映画が出てくるか楽しみです。


『アバター』特別映像:ストーリーについて 【HD】

MySpaceシネマ | MySpace動画
ラベル:アバター
posted by keito at 13:26| Comment(0) | 映画とセカンドライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

アバターとは?


『アバター』特別映像:世界観について 【HD】

MySpaceシネマ | MySpace動画


日本での公開直前の「アバター」。
先行上映で観た人たちの評価はかなり割れています。
映像の素晴らしさは文句のつけようがなさそうですが。
要は「アバター」という存在に入り込めるかどうかではないでしょうか。
この「アバター」がリアルな人間でなくても、CGとしても、感情を移入できる人とできない人がいるのは、当然でしょうね。
私もセカンドライフをやっていなければ、ただのCGに感情など移入できなかったでしょう。
セカンドライフに存在するケイトというアバターは私であり、そして私ではない存在でもあるのです。

さて、映画「アバター」でのアバターはどういうふうに描かれているのか楽しみですね。
posted by keito at 20:52| Comment(1) | 映画とセカンドライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

サイバー特区という試みについて

2008年08月25日のGIGAZINの記事に
「総務省、著作権料を気にせず既存の映像や音楽を自由に加工できる空間をインターネット上に創設へ」
というのが出てますが。
これがその後どうなっているか、記事書いた人は多分知らないでしょう。

記事内では「サイバー特区は来年度創設へ」となっていて、ブログ内で語られることは無かったようです。

とりあえずサイバー特区は創設され、ただいま短い期間内で奮闘中です。

そのひとつの試みがコレ↓
サイバー特区プロジェクト内企画:C特区クリエイター向け 映像作品コンテスト

これって、参加者がいないとハナシになりません^^;
映像制作に興味のある方、誰か応募してあげてくださいな〜。

よろしくー^^
ラベル:SecondLife
posted by keito at 18:01| Comment(0) | セカンドライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

SIGGRAPHアジアに行ってきました

横浜で12月19日まで開催中の【コンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術を中心としたデジタルメディア、デジタルコンテンツ分野を代表する国際カンファレンス&展示会 シーグラフ】に行ってきました。
SIGGRAPHアジア公式サイト

日本ではじめての展示会になるそうです。
私もこんな展示会に出かけるのは初めてのことなので、まずチケットを予約しようかと参加登録費のご案内ページを見てタジタジに・・・。
フルカンファレンスアクセスパス:会員価格が81,600円って、@@!!

フルで参加するとそんなにかかるのかーとビビりましたが、私の場合はちょっと見るだけで良いので当日購入できる展示会入場券で充分でした^^;
(展示会入場券は会場受付前のブースで名前と住所を記入し購入します。記入はローマ字で適当に書いても受け付けてもらえます)

受付の人に記入した用紙を渡すと
「two thousand」と言われ、またもやタジタジに。
(これくらいの英語ですでに腰が引けるとは!情けなさ過ぎだー)

見た目、日本人に見えたそのお兄さんは異国の方らしい。
うーん、受付からすでに国際的な展示会なんですねと勝手に納得し、おつりとパンフレットをもらって会場入り。
6gazoutex057.jpg
なかなか立派なパンフレットで、もしや飛び出す画像とか出てこないかなーと期待して開いたら、中身はただの会場案内でした。(当たり前だ)

ゲームショーじゃないんで、それほど3Dなどの実演等はやっていませんが、つい最近知ったデジタルサイネージの実物が置いてあるコーナーなどは興味深く見ました。

デジタルサイネージは【屋外や店頭、交通機関など、一般家庭以外の場所においてディスプレイなどの電子的な表示機器を使って情報を発信するもの】だそうで、新たなメディアとして活用範囲が広まりだしています。
他にも家庭用として実用化されつつある3Dのモニターは、近未来的でとても楽しいです。

こういう展示会はIT関連の人ばかりが対象ではないと思うのですが、まだまだ一般向けでもないようです。
ものすごい高性能のグラフィックボードが展示してあっても、パソコンの中身に興味のない人は見ませんしね^^;

会場は様々な国の人がいて、セカンドライフの世界がそのままリアルになったような気になります。

ロボットのブースやモーションキャプチャのデモもありました。

会場はパシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい)ですー。
ラベル:展示会
posted by keito at 01:31| Comment(0) | RL事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

Imeemが買収されちゃいましたよ

ブログページに簡単にプレイリストを貼りつけて曲を再生できたり、好きな曲で自分なりのプレイリストを作成して楽しめていたImeemがMySpaceに買収されてしまいました。

MySpace、音楽SNSのimeemを買収
MySpaceは競合する音楽SNSのimeemを買収し、1600万人のユーザーを取り込む。
ITmediaニュース

英語のページとはいえ、設定もけっこう簡単で、ページデザインのスタイルシートもいろいろ選べて便利だったImeem。

途中から画像のアップが一切できなくなって、変だなぁと思っていたんですが、まさか買収とは。

Imeemのページに飛ぶと、今↓このように
6gazoutex049.jpg
Imeemのユーザーさん、MySpaceにようこそになってます。

最初買収だなんて知らないんで、なんでMySpace??(しかも日本語で表示されるページに飛ぶし)と不思議に思いましたよ。

日本語化されて説明読むの簡単になったのですが、Imeemのままの方が良かった気がする。

おまけにImeemでアップしていた曲、どうしてくれるのよー!
ラベル:imeem
posted by keito at 00:54| Comment(0) | ネットニュースより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

メイド服を考える

ちょっとした気の迷いでメイド服を作る気になったのですが、某所でよく見かけるような華美なメイド服なんて、私には作れません。

ということで自分なりのメイド服と思われるものを作ったら、ただのエプロンドレスにしかなりませんでした。

6gazoutex040.jpg


作ってみて、メイド服ってどんなものなのか知ってるようで実際はよく知らないってことに気付かされました。

とりあえずWikiを見てみると

【メイド服(メイドふく)とは、メイドの仕事着、またはそれを模して作られた女性用の衣装を指す俗称。 かつて19世紀末の英国に実在した家事使用人やハウスキーパーたちが着用した、特定の傾向の範囲内のエプロンドレスを、現代日本(の特にサブカルチャー的文脈)においてはもっぱらこのように呼ぶ。

本来の女中としてのメイドの仕事着は日本では「お仕着せ」と呼んでいた。】

<ヴィクトリアンメイド>と<フレンチメイド>なんて明確な区別まであるんですねー@@

うーん、いわゆる「メイド服」ってのは日本的な文化がミックスされた独自なものって感じですね。

人それぞれイメージするメイド服が違うのも、なんとなく納得。


で、私が作ったエプロンドレスはこんな感じにして
6gazoutex038.jpg


ただいま↓4店舗で販売中です。

dress shop of keitoメインショップ

深緋メインショップ

dress shop of keito Ogasawara店

dress shop of keito Yufuin店

ラベル:メイド服

2009年12月03日

SHOOOT FIESTA

12月4日〜6日にシンガポールでSHOOOT FIESTAというイベントが開催されるそうです。
6gazoutex035.jpg

SHOOOT FIESTA公式サイト
日本語で解説してあるページはこちら
SHOOOT Awards 2009とは「シンガポール政府、情報通信芸術省、マシニマ協会が協賛するオリジナルのマシニマ*作品コンテスト」ってことで、その受賞イベントなんですね。
そんなのがあるなんてちっとも知りませんでした。

SL内でも関連イベントが予定されているようですー。
詳しくはこちらでご確認ください。
ラベル:マシ二マ
posted by keito at 18:18| Comment(0) | 他のゲームとセカンドライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

素晴らしいマシ二マの世界

セカンドライフってこんなこともできるんだと改めて感心したマシ二マを発見。



詩を読む声さえ素晴らしいサウンドになってます。
posted by keito at 11:30| Comment(0) | 映画とセカンドライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

まさか魔法の剣で税務署がっ!

「魔法の剣」売却など申告漏れ100億円
ヤフーニュースでの話。
オンラインゲームでも現実のお金として利益が出れば、子供銀行に貯金しましたではなくなるんですね。

「ネット取引をめぐっては全体の9割強にあたる約640件で申告漏れを発見、総額は約93億円にのぼった。」
って、100億近いお金になるとはーー@@

個人の利用者でも「給与所得者で、所得税を源泉徴収されているサラリーマンでも、副業などで年間20万円以上の所得があれば、雑所得として確定申告が必要になる」そうなので、セカンドライフでも同様ではないでしょうか。

セカンドライフ上のお金リンデンドルと円の交換レートを、だいたい
10円=25L$(リンデンドル)とすると、20万円は約50万L$くらい。

オンラインゲームで小金が稼げたと喜んでばかりはいられないかもしれません。

2009年09月04日

ソラマメにおける商用と非商用の区別

昨日発表されたソラマメブログの「サービス変更の重要なお知らせ」と「ソラマメにおける商用と非商用の区別」を元にJimaxで字幕つけてみました。

【ソラマメにおける商用と非商用の区別】





商用基準細則を読むのが面倒・・・というズボラな性格が反映された字幕なのでした。

(デフォルトのボリュームが最大になってますので、なるべく下げてご再生ください)
posted by keito at 20:46| Comment(0) | Jimax | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。