2009年12月19日

SIGGRAPHアジアに行ってきました

横浜で12月19日まで開催中の【コンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術を中心としたデジタルメディア、デジタルコンテンツ分野を代表する国際カンファレンス&展示会 シーグラフ】に行ってきました。
SIGGRAPHアジア公式サイト

日本ではじめての展示会になるそうです。
私もこんな展示会に出かけるのは初めてのことなので、まずチケットを予約しようかと参加登録費のご案内ページを見てタジタジに・・・。
フルカンファレンスアクセスパス:会員価格が81,600円って、@@!!

フルで参加するとそんなにかかるのかーとビビりましたが、私の場合はちょっと見るだけで良いので当日購入できる展示会入場券で充分でした^^;
(展示会入場券は会場受付前のブースで名前と住所を記入し購入します。記入はローマ字で適当に書いても受け付けてもらえます)

受付の人に記入した用紙を渡すと
「two thousand」と言われ、またもやタジタジに。
(これくらいの英語ですでに腰が引けるとは!情けなさ過ぎだー)

見た目、日本人に見えたそのお兄さんは異国の方らしい。
うーん、受付からすでに国際的な展示会なんですねと勝手に納得し、おつりとパンフレットをもらって会場入り。
6gazoutex057.jpg
なかなか立派なパンフレットで、もしや飛び出す画像とか出てこないかなーと期待して開いたら、中身はただの会場案内でした。(当たり前だ)

ゲームショーじゃないんで、それほど3Dなどの実演等はやっていませんが、つい最近知ったデジタルサイネージの実物が置いてあるコーナーなどは興味深く見ました。

デジタルサイネージは【屋外や店頭、交通機関など、一般家庭以外の場所においてディスプレイなどの電子的な表示機器を使って情報を発信するもの】だそうで、新たなメディアとして活用範囲が広まりだしています。
他にも家庭用として実用化されつつある3Dのモニターは、近未来的でとても楽しいです。

こういう展示会はIT関連の人ばかりが対象ではないと思うのですが、まだまだ一般向けでもないようです。
ものすごい高性能のグラフィックボードが展示してあっても、パソコンの中身に興味のない人は見ませんしね^^;

会場は様々な国の人がいて、セカンドライフの世界がそのままリアルになったような気になります。

ロボットのブースやモーションキャプチャのデモもありました。

会場はパシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい)ですー。
ラベル:展示会
posted by keito at 01:31| Comment(0) | RL事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。