2009年12月21日

サイバー特区という試みについて

2008年08月25日のGIGAZINの記事に
「総務省、著作権料を気にせず既存の映像や音楽を自由に加工できる空間をインターネット上に創設へ」
というのが出てますが。
これがその後どうなっているか、記事書いた人は多分知らないでしょう。

記事内では「サイバー特区は来年度創設へ」となっていて、ブログ内で語られることは無かったようです。

とりあえずサイバー特区は創設され、ただいま短い期間内で奮闘中です。

そのひとつの試みがコレ↓
サイバー特区プロジェクト内企画:C特区クリエイター向け 映像作品コンテスト

これって、参加者がいないとハナシになりません^^;
映像制作に興味のある方、誰か応募してあげてくださいな〜。

よろしくー^^
タグ:SecondLife
posted by keito at 18:01| Comment(0) | セカンドライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。