2010年01月02日

ようこそ、パンドラへ

元旦、映画の日に「アバター」を観てきました。
3Dではなく2Dでですが、けっこうお客さんが入ってました。
最後列のど真ん中は、角度としても良く見やすかったです。
3Dで見るとしたら、この客席の角度もかなり影響するのかも。
観終わった感想を短く言うとしたら、映画の面白さをストレートに感じることができ、2010年以降さらに映画が変わって行くことを予感させるような映画。
他のユーザレビューにあるような良くある話の焼き直しという感じは特に受けませんでした。
あっと驚くようなストーリーではないかもしれませんが、難しいことを考えずに、観客は主人公のジェイクを通してパンドラの世界に降り立ち、そこでの体験を経てナヴィの戦士となっていくのを楽しめば良い映画だと思います。
映画は難解な文化ではなく誰もが別世界に旅立てる娯楽なのですから。

パンドラの世界は想像以上に美しかったです。
ゲームの世界で見慣れているという人もいるかもしれません。
想像力は全く何も無いところからは生まれませんから、どこかしら今までに在るものと似た点があるでしょう。
でも、少なくとも自分じゃこんな世界は作れません。
「アバター」では観ていて違和感のない一つの世界を作り出していました。
良く作ったなぁと思って観た方が楽しめますね。

ところでタイトルにもなっている「アバター」ですが、ブログの発達とともに普通に使われるようになってはいますが、まだ、はっきりした意味は知らずなんとなくわかるって程度でしょうか。
私はセカンドライフをやっているせいか、非常に身近な言葉です。
セカンドライフでも自分の代わりをするものとしてアバターはとても重要です。
アバターを通して世界中の人とコンタクトをとるセカンドライフの世界に慣れると、映画の「アバター」でジェイクがどんどんナヴィの世界に馴染んで行くことにも違和感がありません。
映画の最初の方で、アバターの自由に走って動く肉体を得たときのジェイクの喜びも非常に共感を持てます。
これはセカンドライフをやっていなければ思わなかったことかもしれません。

今年はどんな映画が出てくるか楽しみです。


『アバター』特別映像:ストーリーについて 【HD】

MySpaceシネマ | MySpace動画
ラベル:アバター
posted by keito at 13:26| Comment(0) | 映画とセカンドライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。